本店や支店では年に1度の総選挙がもはや国民的行事となっていますが、坂道シリーズでは未だ実施されていません。
そこで今回はほぼ主観での「乃木坂46メンバー人気順2017」を実施してみたいと思います。個人的見解なので異論・反論もあるかと思いますがご容赦ください!

ランキングだとTOP10が多いですが乃木坂46のランキングですので七福神にちなんでTOP7にしています。

スポンサーリンク

第7位 久保史緒里

http://blog.nogizaka46.com/third/?p=3
出典:http://blog.nogizaka46.com/

第7位には3期生の久保史緒里がランクイン!

普通に人気順で並べると1期生が大半をしめ2期生が数名ランクインするかどうか・・・という感じですが、今回は個人的見解による人気順なので3期生から誰かをランクインさせたいと思いました。

そこで選んだのがまいまい2世との呼び声が高い久保史緒里です。
3期生初公演となる「3人のプリンシパル」では15公演中11回も二幕に残っていますので正規メンバーに昇格後は即戦力間違いなしでしょう。
2017年は久保史緒里を要チェックです!

第6位 中元日芽香

https://matome.naver.jp/odai/2146052615054466501
出典:https://matome.naver.jp/

第6位は中元日芽香
個人的に人気と地位にギャップがあるメンバー筆頭だと思っています。
(人気があるのになかなか選抜になれないという意味です。)

BABYMETALのSU-METALこと中元すず香は実の妹。
いつか姉妹が揃って大舞台に立つ日がくると良いですね。

現在は体調不良によりグループ活動及び個人活動を休止していますが、早くよくなって欲しいですね。

第5位 堀未央奈

https://newscrap.net/archives/1102
出典:https://newscrap.net/

第5位には2期生から堀未央奈がランクイン。7thでのセンター抜擢は衝撃的でした。
2期生の代表格ともいえる堀未央奈は1期生にも負けない人気です。

中学生の頃に所属していた陸上部では最初は50mのタイムが10秒台だったものの、猛練習をしたことで6秒台で走れるようになったという逸話があります。

また、乃木坂46の2期生オーディションに合格後に通っていた高校を自主退学し、その後東京の高校に編入し無事に卒業を迎えています。

これらは堀未央奈の真面目さが伺えるエピソードではないでしょうか。
堀未央奈は運営のゴリ押しで2期生の中で優遇されている内容の文章を目にすることがありますがこれは間違いです。堀未央奈は自分の力で今の地位を勝ち取ったのです。

堀未央奈以外の2期生に目立った活躍が無いのが気がかりですが、堀未央奈が活躍することで2期生全員が「自分も頑張ろう」と思えるのではないでしょうか。

第4位 生駒里奈

http://pinky-media.jp/I0002696
出典:http://pinky-media.jp/

第4位は生駒里奈です。
乃木坂46デビューから暫くの間はセンターとして活躍した生駒里奈ですが、最近は2列目や3列目がほぼ固定位置となっています・・・

ソロ写真集の累計売上がソロ写真集を出しているメンバーの中で最下位だったり、番組出演時のリアクションに批判が集まり炎上したりと受難続きですが、今の乃木坂があるのは間違いなく生駒里奈のおかげです!

以前はロリっぽいところが生駒里奈の特徴でしたが、最近はどんどん大人の女性になっています。

2017年は可愛いではなく格好良い生駒里奈が見られることでしょう。
期待も込めての第4位です!
(本音を言うと私は生駒推しなので1位にしたいところですが・・・)

スポンサーリンク

第3位 生田絵梨花

http://pinky-media.jp/I0001377
出典:http://pinky-media.jp/

第3位にランクインしたのは生田絵梨花です。

ドイツのデュッセルドルフの生まれで毎日の用に習い事に通い、複数の資格を保有。ピアノコンクールでは入選し、書画展では金賞受賞するなど生田絵梨花はまさに才色兼備!
神は生田絵梨花に2物や3物どころか数10物を与えてしまったのでしょう。

見た目の上品さに知的さも兼ね備えた生田絵梨花ですが、変わった特技も持っています。それがフィンランド民謡

生田絵梨花にそこまで興味がなかった私ですがこれでやられました。。。
今では目が離せないメンバーの1人です。

第2位 齋藤飛鳥

http://natalie.mu/music/pp/nogizaka46back8_02/page/4
出典:http://natalie.mu/

第2位は齋藤飛鳥
「裸足でSummer」でセンターとなってからというものの齋藤飛鳥は名前の通り飛ぶ鳥を落とす勢いで人気が急上昇中!

満を持して発売したソロ写真集の売り上げも10万部を超えるなど乃木坂46を代表するメンバーの1人と言えるでしょう。

1期生の深川麻衣、橋本奈々未といったこれまで乃木坂46を引っ張ってきたメンバーが卒業して乃木坂46の人気低迷が懸念されるところでしたが、齋藤飛鳥の台頭により心配は皆無となっています。

これからの齋藤飛鳥は間違いなく乃木坂46を力強く牽引していくメンバーとなるでしょう!

第1位 西野七瀬

https://matome.naver.jp/odai/2139878182596342101
出典:https://matome.naver.jp/

第1位に輝いたのは西野七瀬!
最近の活躍と人気は著しいものがありますので妥当な結果であると言えるのではないでしょうか。
non-noではモデルを務めており2016年4月号で初表紙、2016年9月号では単独で表紙を飾るなど同性からの人気も高いですね。

17thシングルでは西野七瀬と白石麻衣がWセンターとなっています。
これは名実ともに西野七瀬が白石麻衣に並び立つ存在になった証といえるのではないでしょうか。

ただ、正直なところ1位と2位はかなり悩みました。
結果として勢いのある齋藤飛鳥よりも何度も選抜を経験し、センターも複数回経験してある意味貫禄が出てきた西野七瀬を1位としました。

スポンサーリンク

白石麻衣は・・・殿堂入り!

http://extrending.com/?p=2132
出典:http://extrending.com/

第1位まで見て「白石麻衣が入ってないじゃないか!」とお怒りの方もいると思いますが落ち着いてください!

白石麻衣は殿堂入りです!
乃木坂46メンバーを人気順でランキングするとほぼ100%と言ってよいほど白石麻衣が1位になるでしょう。
白石麻衣の人気・実力を考えると当然ではあるのですがそれではつまらないですよね。

ベストジーニストや人気アナウンサーランキングで複数年1位になると殿堂入りするのと同様、今回は白石麻衣を殿堂入りとしてランキングからは外しました。

ただし、西野七瀬や齋藤飛鳥の人気も相当で白石麻衣に肉薄していますので今後は白石麻衣もランキングに入れることになるかもしれません。

乃木坂46はどんどん新しい魅力的なメンバーが出てきます。
これだから乃木オタはやめられませんね!!


テレビで放送されない乃木坂の動画をスマホで見るには?

スポンサーリンク