数々のメンバーがセンターを勤める乃木坂46ですが乃木坂のセンターといえばやっぱり生駒里奈。

生駒里奈の歴史はそのまま乃木坂46の歴史ともいえるでしょう!

今回は生駒里奈のセンターの歴史を振り返りつつ今後の展望を予測してみたいと思います。

スポンサーリンク

1stシングル ぐるぐるカーテン

http://nogizora2nd.net/member/ikomarina/6706/
出典:http://nogizora2nd.net/

乃木坂46の歴史はここから始まりました!
知らない人も多いと思いますが、以前の乃木坂46の曲にはキャッチコピーが付いていたんです。
ぐるぐるカーテンのキャッチコピーは「カーテンは、秘密の分だけ膨らんでいる」。
男子禁制のカーテンの中には一体どんな秘密が隠されていたのか気になります!!


いやー、皆初々しいですね!
この当時はまさか乃木坂46がここまでの人気になるとは思いもしませんでした。

2ndシングル おいでシャンプー

http://nogizora2nd.net/member/ikomarina/6706/
出典:http://nogizora2nd.net/

おいでシャンプーのキャッチコピーは「おいでシャンプー。ときどきリンス」。
意味が分かりません。。。

おいでシャンプーは楽曲よりも間奏での振り付けが話題になった曲です。
Google+で プロデューサーの秋元康がスタッフを名指しで怒るという事件まで起きました。
ただ、この一件が乃木坂46の認知度を上げる一助となったことは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

3rdシングル 走れ!bicycle

http://natalie.mu/music/pp/fujiqnogizaka
出典:http://natalie.mu/

走れ!bicycleのキャッチコピーは「bicycleのスペルが書けますか?」。

フランス語で字幕が付くなど一風変わったPVです。
生駒里奈は一人だけ眼鏡をかけているので物凄く目立っていますね。

4thシングル 制服のマネキン

https://www.youtube.com/watch?v=Vpz-qA4vYHY
出典:https://www.youtube.com/

1stから3rdまでアイドルらしいポップな曲調でしたがこの制服のマネキンではうって変わって大人の雰囲気の曲となっています。

「制服のマネキン」は欅坂46の1stシングル「サイレントマジョリティー」の原型となっている曲だといわれています。確かにPVや曲調がそっくりです。

なお、制服のマネキンからキャッチコピーは無くなっています。

スポンサーリンク

5thシングル 君の名は希望

https://matome.naver.jp/odai/2145586479242729701
出典:https://matome.naver.jp/

「君の名は希望」は乃木坂46初のミディアムバラード。
乃木坂46の代表曲とも言われる一曲で乃木坂46が紅白歌合戦に初出場した際にも披露しています。

個人的にもかなり好きな曲で乃木坂46にのめり込むきっかけになりました。

ただ、この曲を最後に生駒里奈はセンターから遠ざかってしまいます。
私としてはこの曲までが乃木坂46の第一章だと思っています。

12thシングル 太陽ノック

http://ameblo.jp/g-i-7/entry-12253998463.html
出典:http://ameblo.jp/

太陽ノックは7thぶりに生駒里奈がセンターに返り咲いた曲。
生駒里奈がこの曲でセンターになったのはAKB48との兼任が終わってから初のシングルということで「お疲れ様」の意味合いがあったのかもしれません。

生駒里奈も「自分の実力でつかんだセンターではない」と語っています。
ですが生駒推しの私としては実力だろうとなんだろうとやっぱり生駒里奈がセンターになるのは嬉しいの一言に尽きます!!

番外:サイレントマジョリティー

http://blog.livedoor.jp/ito4925041/archives/52014994.html
出典:http://blog.livedoor.jp/

「FNSうたの夏まつり ~海の日スペシャル~」における生駒里奈のパフォーマンスが大絶賛されました。
それはAKB48、SKE48、NMB48、HKT48、乃木坂46、欅坂46から選抜されたメンバーが欅坂46のサイレントマジョリティーを歌うというもので、渡辺麻友、山本彩、指原莉乃、白石麻衣、西野七瀬など各グループのエース級が揃う中で生駒里奈がセンターポジションとなりました!!

センター生駒里奈のパフォーマンスが圧倒的で人々を魅了し話題となったのです!

センターからの脱落、ライバルチームであるAKBとの兼任など他のメンバーが経験していない様々な壁を乗り越えてきた生駒里奈だからこそ出来るパフォーマンスだと思います。
百聞は一見にしかず!そのパフォーマンスをご覧ください。

スポンサーリンク

今後センターに返り咲くか?

https://芸能まとめ.net/2017/02/haruyama_nogizaka/
出典:https://芸能まとめ.net/

今では超大人気グループの乃木坂46ですが、決して良いことばかりではなく辛く苦しい時期がありました。
そんな時期に生駒里奈はセンターで頑張ってきたんです!

乃木坂46の人気メンバーである白石麻衣や西野七瀬はエースと呼ばれますが、生駒里奈は乃木坂46の象徴だと思います。

そんな生駒里奈は12thシングル以降、センターポジションに立っていません。
ですが乃木坂46のデビュー時、AKB48との兼任終了時など節目節目でセンターとなってきた生駒里奈ですのでまた節目のタイミングでセンターになると信じています!

直近で節目と言えるのは20thシングルの発売時!
きっと20thシングルでは生駒里奈がセンターになると思います!!


テレビで放送されない乃木坂の動画をスマホで見るには?

スポンサーリンク