「やれることはやった。あとはメンバーと楽しく過ごして、ファンに応援ありがとうの感謝の気持ちを伝える期間」と笑顔で語ったのは、10月2日の公式ブログで年内でのグループ卒業を発表した、伊藤万理華さん。

この日10月4日は、東京・渋谷のGALLERYX BY PARCOで今月5日から開催する個展「伊藤万理華の脳内博覧会」の内覧会を行っていた。
ブログで年内での卒業発表をして以降初の公の場となりました。

以前から、囁かれていた「伊藤万理華さんの卒業」の噂。実際に起こってしまうと伊藤万理華さんのファンのみならず、乃木坂ファンには衝撃が走ったのではないでしょうか。
実際、筆者もネットニュースを見て目を疑いました。

すでに、卒業を発表している中元日芽香さんに続き乃木坂46をデビューから支え続けてきた伊藤万理華さん。

今回は、伊藤万理華さんが卒業を発表するまでの歴史にフューチャーしてみたいと思います。

スポンサーリンク

プロフィール

伊藤万理華(いとう まりか)

愛称 まりっか
生年月日 1996年2月20日
年齢 21歳
出身地 神奈川県
血液型 O型

 

まりっか年表

乃木坂加入前

中学生の頃から、芸能事務所「株式会社フロスツゥー」に所属し、モデルを目指していた伊藤万理華さん。

4歳の頃から習い始めたバレエを続けながら、多くのオーディションを受験していた彼女でしたが、モデルとしては身長が足りないということで断念したようです。

当時は、人生の目標が定まらなかったようですが、高校1年生の時に最後の挑戦ということで、乃木坂46の1期生オーデションを受けることにしたそうです。

2011年8月21日

最後の挑戦として挑んだ、乃木坂46の1期生オーディションに合格。

出典: https://www.google.co.jp

乃木坂デビュー後

2012年2月22日

1stシングル「ぐるぐるカーテン」のカップリング曲「左胸の勇気」「会いたかったかもしれない」でCDデビュー。

出典: http://blog.nogizaka46.com/staff/2012/04/

2012年5月2日

2ndシングル「おいでシャンプー」のカップリング曲「狼に口笛を」で初のセンターを務めています。

出典: http://img.nogizaka46.com

2012年8月22日

3rdシングル「走れ!Bicycle」で初の選抜メンバー。可愛いすね~~。

出典: https://www.google.co.jp

2013年3月13日

5thシングル「君の名は希望」の特典映像に初のソロ曲「まりっか’17」が収録されました。映像の中で身に付けていた「ビーツ・エレクトロニクス」のピンク色ヘッドフォンは親戚から貰ったものらしいのですが、これがまりっかにぴったしハマってましたね。

出典: https://www.google.co.jp

この特典映像は、乃木坂46 Official YouTube Channelにおいて個人ムービー再生回数で1位を獲得しています。

出典: https://www.youtube.com

2014年3月

高等学校を卒業後、芸術系の大学進学へ。

当時、「乃木坂って、どこ?」で卒業報告がされましたが、現メンバーで、この年に高校を卒業したのは生駒里奈、伊藤万理華、川村真洋の3人でした。

出典: https://nogizaka-journal.com

スポンサーリンク

2015年3月12日

ファッション誌『CUTiE』で「万理華の脳内」の連載を開始。伊藤万理華さんのファッションセンスには脱帽ですよね。

出典: https://ameblo.jp

出典: https://ameblo.jp

2015年6月

映画『アイズ』で初の主演を務めた。

出典: http://natalie.mu/eiga/news/148776

本作で映画初主演を果たした伊藤は、撮影にあたり「不安で、仕事で初めてお母さんに泣きついた」と明かす。さらに「握手会のときファンの皆さんが『俺、ホラー苦手なんだよね』って言ってたので不安だったんですけど、今日はこんなにたくさんの方に観に来ていただけてうれしいです」と喜びをあらわにし、最後は「この映画、20回観てください!」と自信たっぷりにアピールした

引用: http://natalie.mu/eiga/news/148776

2015年6月5日

グラフィックデザイン専門誌『月刊MdN』で「MARIKA MEETS CREATORS」の連載を開始。

出典: https://www.mdn.co.jp/di/MdN/?asid=4210&page=2

出典: https://www.google.co.jp

乃木坂46のシングル特典映像企画として知られる「個人PV」で好演を重ね、「個人PVの女王」の二つ名を持つ伊藤万理華。最新シングル「インフルエンサー」では、4年ぶりに再々集結を果たした福島真希監督率いる“まりっかチーム”とともに制作した『伊藤まりかっと。』が一大旋風を巻き起こす話題作に。

引用: https://nogizaka-journal.com

出典: https://nogizaka-journal.com

2016年1月8日

乃木神社で成人式を迎えた。伊藤万理華さんと一緒に成人式を迎えた乃木坂メンバーは生駒里奈さん、川村真洋さん。

成人の目標を聞かれた伊藤万理華さんは「健康第一。あとは自立した大人になるっていうのと、去年はすごいたくさんの方にお会いしてすごい吸収できた年なので、その学んだことを放出できる年にしたい。あと、お姉さん方に大人なお店に連れてってほしい」と語っていました。

出典: https://www.google.co.jp

伊藤万理華さんの絵馬には「健康 自立 放出」の文字。

健康で自立できて学んだことは今年中には自分から出していけたらいいなと思う。それを出して行って乃木坂46ってグループの架け橋になるくらいのことができたらと思い、したためたという。また2016年をこんな年にするというのを一言でと質問され 「クリエイティブ。作ることだったり、作品にたくさん参加して、作品に自分が残りたいです」と答えていました。

まだ、この頃は1年後に個展を開けるとは思っていなかったんでしょうか。。。それとも、すでに伊藤万理華さん1年後を見据えた言葉だったんでしょうかね。

スポンサーリンク

2017年9月4日

19thシングル『いつかできるから今日できる』で初めて福神に抜擢。意外でビックリです。これが初福神!?なんか不思議な感じです。

出典: https://www.google.co.jp

2017年10月2日

自身の公式ブログで、年内での乃木坂46からの卒業を発表

そして・・・

10月5日から15日まで初の個展「伊藤万理華の脳内博覧会」を開催。

出典: https://mdpr.jp

まとめ

ファッショニスタ万理華と言われた彼女ですが、本当に私服のセンスは抜群ですね。クラシックカラーの着こなしが難しそうな服も、伊藤万理華さんは、さらりと着てみせる!伊藤万理華さんの「着こなしフォトブック」なんて出版したら、瞬く間に完売しそうな感じをうけますね。

公式ブログで年内での卒業発表をして1週間が過ぎましたが、筆者はまだ信じられない感満載です・・・

ただ、こうも思いました、これだけファッションに通じた仕事をそつなくこなしている伊藤万理華さんは、今後の活動も約束されているのでは?!とも。

もちろん、彼女の努力と彼女を支える周りのスタッフがいるからこそですが、、、卒業まで彼女から目が離せないですね。

スポンサーリンク


テレビで放送されない乃木坂の動画をスマホで見るには?

スポンサーリンク