2017年も、残すところあと1ヶ月。

12月は流行語大賞、紅白歌合戦、レコード大賞など色々なイベントがあり、今年の世相を振り返ることが出来ますね。

その中でも、「輝く!日本レコード大賞」は、音楽業界最大の賞レース”と称されており、大賞を取る事で翌年の活躍が決まるとも言われています。疑惑騒動が記憶に新しいですが、今年は乃木坂46の17thシングル「インフルエンサー」が2017年の「日本レコード大賞」候補となる「優秀作品賞」にノミネートされています。

結成6年目にして掴んだこのチャンス!乃木坂46が「日本レコード大賞」を取れる可能性を探って見ようと思う。

スポンサーリンク

乃木坂46のバスラを見逃している人はコチラへ

そもそも、日本レコード大賞とは?

『日本レコード大賞』は、スポーツ紙を含む各新聞社の記者が中心となって決定する、音楽に関する賞である。 略称は「レコ大」。主催は公益社団法人日本作曲家協会、後援はTBSである。TBSテレビとTBSラジオが放送し、番組名は『輝く!日本レコード大賞』。

引用: https://ja.wikipedia.org/

日本では、非常に権威のある音楽賞として知られています。それゆえ、大賞受賞はアーティストとしての今後に大きな影響を与えるものでしょう。

では、「レコ大」を受賞するにはどのような水準が必要なのでしょう?

日本レコード大賞審査基準

日本レコード大賞

作曲、作詩、編曲を通じて芸術性、独創性、企画性が顕著な作品とする。

優れた歌唱によって活かされた作品で大衆の強い支持を得た上、その年度を強く反映、代表したと認められた作品に贈る。

審査対象は「優秀作品賞」に選ばれた作品とする。

引用: http://www.jacompa.or.jp/record_kijun.html

さて、選考基準も分かったところで、「優秀作品賞」に選ばれている、我が乃木坂46がどれだけ合致しているか検証していきましょう。

スポンサーリンク

2017年優秀作品賞

我らが乃木坂46を含め、10組がノミネートされています。この中から2017年を代表する楽曲が「日本レコード大賞」に選ばれるわけですが、ここからはちょっと辛口なコメントでいきたいと思います。

  • 乃木坂46「インフルエンサー」
  • 三浦大知「EXCITE」
  • 氷川きよし「男の絶唱」
  • 三山ひろし「男の流儀」
  • 欅坂46「風に吹かれても」
  • AI「キラキラ feat.カンナ」
  • 西野カナ「手をつなぐ理由」
  • AKB48「願いごとの持ち腐れ」
  • AAA「LIFE」
  • SEKAI NO OWARI「RAIN」

シングル売り上げから見る大賞の可能性

1位 AKB48「願いごとの持ち腐れ」

3位 乃木坂46「インフルエンサー」

32位 氷川きよし「男の絶唱」

56位 SEKAI NO OWARI「RAIN」

84位 西野カナ「手をつなぐ理由」

88位 欅坂46「風に吹かれても」   以下省略

ノミネートされている楽曲を見る限りAKB48が200万枚以上の売り上げでダントツです。

しかし、ここで疑念が生じます。

そもそも、AKB48「願いごとの持ち腐れ」は、「AKB48 49thシングル 選抜総選挙」投票シリアルナンバーカードが封入されていたから売り上げが伸びているのです。総選挙があったから伸びた・・・という感があります。

まあ、それが審査基準に合致したものかは、わかりかねますが…

その他、乃木坂46の3位以下となると、審査基準に当てはまるとは思えないですね。

乃木坂46は審査基準に合致する?

「インフルエンサー」は「影響を与える」という意味の言葉「influence」に行為者を表す接尾辞「er」が付いたものである。「自分は好きな相手の一挙手一投足から影響を受けている」という一途な想いが、星と星の関係性に例えた歌詞で描かれている。楽曲は「ハルジオンが咲く頃」や「裸足でSummer」などの表題曲も手掛けたAPAZZIが編曲を担当しており、スパニッシュギターやパーカッションが効果的に響く情熱的なナンバーに仕上がっている。

引用 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/インフルエンサー_(曲)

「作曲、作詩、編曲を通じて芸術性、独創性、企画性が顕著な作品とする。」どうでしょう?ここで言える事は、乃木坂46の楽曲において、1、2を競うダンスナンバーであり、タイトルの如くこれまでの乃木坂46とは違った一面を視聴者に向けて発信し「インフルエンサー」となったということです。

 

芸術性としては、メンバー全員のシンクロしたダンス、独創性としては、超高速ダンスでのパフォーマンス

そして、企画性として

スポンサーリンク

はるやま商事「スラテクノスーツ」CMソング

出典: https://www.google.co.jp

 

ディップ「バイトル」『アプリダンス』篇 CMソング

出典: https://www.google.co.jp

My first baito(フジテレビ系)挿入歌

出典: https://www.google.co.jp

といったタイアップもさる事ながら、『テレ東音楽祭2017』、そしてリベンジをかけた『神宮ライブ』での、バナナマン日村さんとのコラボ。 公式お兄ちゃんである、バナナマンではありますが、どうですか?ここまでやってくれる芸人さん居ますか?

出典: https://www.google.co.jp

出典: https://www.google.co.jp

インフルエンサー を盛り上げる企画としては、最高の演出ではなかったでしょうか。

筆者は、感動しすぎて映像を何度も見てしまいました。

“乃木坂46関係の偉い人”として、運営委員長である今野義雄氏が登場。設楽は今野氏に「インフルエンサー」の感想を伝えながら、神宮ライブにて「インフルエンサー」を披露することを確認。ステージに日村が出ることを提案すると、今野氏は「(ファンも)絶対喜んでくれると思いますよ」と乗り気。すんなりと話が進んで行く状況に日村は「ちょっと待ってよ! 本当に言ってんの?」と焦るも、設楽は「これで悔いが残ってる部分完璧にやろうよ」と激励を送る。今野氏も「その代わり間違えちゃだめですよ」と厳しい条件を提示すると、思わず日村は「そんな、俺うんこ漏れちゃうよ!」と弱気を見せた。

引用 http://realsound.jp/2017/07/post-92200_2.html

この記事からも、「インフルエンサー」を大々的に後押ししていることがうかがえますよね。

そして、最後の肝になる基準

「優れた歌唱によって活かされた作品で大衆の強い支持を得た上、その年度を強く反映、代表したと認められた作品に贈る。」

これに関しては、説明はいらないでしょう。

楽曲タイトル「インフルエンサー」がそのものだと筆者は思います。CMのタイアップもあり、正直「インフルエンサー」は耳に入ってきていましたよね。そして、歌いだしの

ブンブンブン ブンブンブン

ブンブンブン ブンブンブン

インフルエンサー

(HEY!HEY!HEY!)

のところを、口ずさんでいる学生を見かけたこともあります。それは

「大衆の強い支持を得た上、その年度を強く反映、代表したと認められた作品」

として評価して良いものと思います。

 

まとめ

12月30日、2017年の実績、売り上げ、成長に関して文句なしの乃木坂46が、「日本レコード大賞」を受賞する姿が見れること願ってやみません。。。いや、必ず受賞するでしょう!!

スポンサーリンク


テレビで放送されない乃木坂の動画をスマホで見るには?

スポンサーリンク